思えば遠くへ来たもんだ

AIが浸透した時、アートの人生に占める割合が増えると言われる時代。アート産業で仕事がしたい演劇男子サラリーマンの日記。

アヴィニョン演劇祭2017に行くぞー。感動を分かち合いたいぞー。

いよいよ、アヴィニョン演劇祭に初めて訪れる日が近づいてきた。。 楽しみだなー、どんな街なんだろう、どんな祭なんだろう、どんな人がいるんだろう。 公式サイトによると、今年は2017年7月6日〜26日とのこと。 jp.france.fr もう始まっとるやん!そうか始…

組織課題の解決・インナーコミュニケーションなどの領域で仕事をする上で、始めの一歩的な教科書を読んだ

不確実な世の中になってきて、誰も明確な戦略だとか、正攻法だとかが分かりづらい中で、トップダウンで「戦略的行動を徹底せよ!」という、フルメタルジャケット的な組織では、なかなか上手くいかないことが多い、、、 という文脈が多くなってきているのかな…

ヨーロッパ企画 「来てけつかるべき新世界」 @神奈川芸術劇場KAAT

ヨーロッパ企画の公演「来てけつかるべき新世界」観てきました。 www.europe-kikaku.com 会場は初めていく、KAATこと、神奈川芸術劇場。 わざわざ横浜まで芝居観に行くって、それだけでもわくわくしますね。 ※まだ神奈川公演や名古屋(だったかな)の公演が…

明日のアー 「猫の未来予想図Ⅱ」を観てきた

明日のアー。 あすのあー、と読むそうです。 巷で人気の猫をモチーフにした? 猫っぽい?猫的な?猫をテーマにしたっぽい 演劇がどうやらあるようだ、ということで キーワードに引っ掛かって観劇することに。 asunoah.tumblr.com そんなノリで予約をしたので…

寺山修司さんの市街劇

クラウドファンディングのCAMPFIREで半年ほど前に立ち上げた VR演劇企画のページを見て、ご連絡をいただいた方々と先日会ってお話ししていました。 どうやら彼らも演劇をVRというテクノロジーを使った演出手法で行いたい、ということでした。 落合陽一さんの…

「アートと社会」を読んで【1】

森美術館の館長南條さんのインタビュー記事をNewsPicksで読んで 南條さんのように「ビジネスサイド」と「アート」の両面に関して 見識のある方々ってかっこいいなと思っております。 いつか自分も領域横断で働きたい。 www.mugendai-web.jp そこで、南條さん…

テクノロジーと演劇の関係について

テクノロジーと演劇、という組合せについて 日頃、情報が飛び込んでくることは少ない。 そんなとき「sensors」で記事を見つけた。 さすがsensors、すでに1年以上前にこんな記事がアップされていたなんて。 改めて、自分のインプット不足を痛感しながらも読み…

160911 感想  宮沢章夫さん「子どもたちは未来のように笑う」@アゴラ劇場

宮沢章夫さんの「子どもたちは未来のように笑う」 を鑑賞させていただきました。 とてもいろいろなことを感じることがあって それは、子供を産むというテーマに敏感だから、ということではないのですが 演劇的に、そして、テーマに対してもいろいろを感じる…

テクノロジー×演劇の脚本骨子を書いてみたら「ありがとうの奪い合い」を妄想した

テクノロジー×演劇という企画に、 技術的な側面から助言してくれている油絵画家出身のVRプログラマーさん。 いつも打ち合わせでは、技術的な話だけでなく、 美大で培われたアートの話をしてくださる。 今回は、テクノロジーという手法に立脚して企画を構想し…

VR演劇をやりたいけど、脚本が無いから妄想をしてみる。

演出方法ありきで始まったVR演劇の企画。 技術を見せたいのではなく、演劇を面白くするための手段としてのtech。 では、自分が捉える世界観とは何なのだろうか。 ----------------- この社会は 情報が溢れている、だけではなく 情報に対する解釈が、溢れてい…